ジオパークで地域づくり⁉

群馬県下仁田町地域おこし協力隊・片山の活動のようすやジオパーク、科学のあれこれを書いていきます

ジオパークを支える地域のチカラ

毎月20日はジオの日

下仁田町では毎月20日をジオの日に定め、ジオパークの普及を目指しています

4月のジオの日は

ジオサイト早朝清掃「妙義山さくらの里」

日本ジオパーク下仁田応援団定期総会

でした

日本ジオパーク下仁田応援団って?

日本ジオパーク下仁田応援団は明るく楽しくをモットーに自分たちができることで下仁田ジオパークを応援しようという、下仁田町の住民が中心となり活動している団体です

主に、ジオパークのガイドツアーやPRイベント、ジオサイトの整備などをしてくれています

実は、毎月20日のジオの日も、応援団の熱心な声があったから制定ができました

ジオの日のようなものを設けているジオパークは全国でも下仁田だけということ

下仁田ジオパークを支えてくれているとてもパワフルな団体です

ジオサイト早朝清掃

 ジオの日には応援団がジオサイトの清掃を行ってくれています

今月のジオサイトは「妙義山さくらの里」でした

早朝清掃の集合時間は朝の6時半!早い!

それでもたくさんの団員が集まります

f:id:mi_snow36:20160427091719j:plain

集合場所から園内を歩きながゴミ拾いをしました

f:id:mi_snow36:20160427091907j:plain

園内は坂も多く、朝からちょっとした運動になったきがします(笑)

f:id:mi_snow36:20160427092038j:plain

応援団の皆さんのおかげでジオサイトが一層きれいになりました

朝早くからありがとうございました!

妙義山さくらの里

ちなみに、清掃を行った妙義山さくらの里は45種5000本の桜が植えられた桜スポットです

種類によって咲く時期が異なるので4月中旬から5月中旬まで桜を楽しむことができます

ジオと桜、両方を楽しむことができる妙義山さくらの里にぜひ足をお運びください

さくらの里案内(下仁田町ホームページ内)

日本ジオパーク下仁田応援団定期総会

ジオの日、夜は日本ジオパーク下仁田応援団定期総会でした

総会では、今年度の活動の方針などが話し合われていました

f:id:mi_snow36:20160427094203j:plain

下仁田ジオパークのために活動していこう!という想いを感じました

 

応援団のみなさまは朝から夜までお疲れさまでした

地域おこし協力隊として活動のお手伝いをしていけたらと思います

はじめまして

はじめまして

2016年4月より、群馬県下仁田町地域おこし協力隊になりました

片山美雪と申します

協力隊ミッションは下仁田ジオパークの推進です

ジオパークのポイントである地域の地質や自然を活かした地域おこしを行っていきます

f:id:mi_snow36:20160419150929j:plain

自己紹介

1991年12月24日生まれ、千葉県出身です

高校生の時に授業で行ったフィールドワークがきっかけで自然が好きになり

自然のことを学ぶため、信州大学理学部に進学しました

大学に入ってからは、自然のことを知りたいという気持ちに加え、この面白さをもっとたくさんの人と共有したいと思うようになり

在学中から自然体験講座の講師や科学館での展示解説ボランティアなど、

自然の面白さを伝える活動を行ってきました

日本のジオパークが始まったのはわたしが高校生の時で、当時から注目をしていました

ジオパーク下仁田町を元気にし、みんなが自然の面白さを発見できる活動を目指しています

f:id:mi_snow36:20160419150914p:plain

地域おこし協力隊として

以前、室戸ジオパークへ行った際に

ジオパークはジオがきっかけの地域づくりなんだというお話を伺いました

地域の地質や自然は地域を元気にできるだけの面白さを持ったものだと思っています

ジオパークに関する情報発信を積極的に行ったりイベントを行うことで

ジオがきっかけの交流を作っていきたいと思っています

そのためにまずは、地域を知り、そこに住む人を知っていくつもりです

さいごに

地域おこし協力隊として下仁田町に、ジオパークにかかわることができることにとてもワクワクしています

隊員として努力していきますので、どうぞよろしくお願いします!